代表挨拶

全国でも有数な名瓦産地である岐阜に生まれ、岐阜に育ち、瓦施工を学びました。 「三州(愛知県)」「石州(島根県)」「淡路(淡路島)」が日本の瓦の3大産地として 有名です。

 

これらに比べ、実は「美濃瓦」に代表される岐阜の瓦は 非常に美しく、また耐久性も優れたものです。 現在は神社・仏閣を改修する際に多く用いられています。

色褪せず綺麗に黒く輝くことで堂々たる日本建築の風景を演出することができ、 またこれを長い年月守り続けることができるのです。

 

実家が先代の経営する瓦職人だったこともあり、 学生時に研究課題として取り組んだことがきっかけで 岐阜の瓦、和形の瓦の美しさに魅せられ興味を持ち始めました。

そして、今はこの美しい日本の屋根を後世に残していきたい、という想いが 芽生え、またこれが私共の使命だと感じています。 日本人のわび・さびを感じながら瓦施工に従事したいと思っています。

 

 おかげさまで、西垣建材は 奈良の大仏殿、京都西・東本願寺本山の御影堂、その他全国の有名地や神社仏閣など、数多くの「美しい日本屋根」の施工を経験することができました。

家を長持ちさせるのなら屋根から。 屋根をメンテナンスし、リフォームをきちんとすれば家は長持ちします。

 

西垣建材は瓦・屋根の施工を通じ、 家を、街を、そして日本を美しく残すために、社員一丸となって日々精進して参ります。

これからも西垣建材をご愛顧いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

西垣 隆次